しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

【SMAP】日曜日の朝に聴きたい曲の話

日曜日の朝に聴きたいSMAPの曲でプレイリストを作りました。

今日は火曜日とかそんなのは問題ではありません。

 

1.Over Flow

2.退屈な日曜日

3.sunrise, sunshine

4.STOP!

5.ジャラジャラJAPAN~for the japanese〜

6.You're My Love

7.Pease!

8.Trust

9.Everything is Cool

10.優しい言葉

11.言えばよかった

 

掃除機をかけながら「言えばよかった」を口ずさむのが趣があります。

分かる人だけに伝わってくれればいいんです。

エスマップが多いのは仕様です。

まごころ哲学-エゴと仏心の交差点-

里見弴『多情仏心』の読前感です。

 

読前感です。読んでません(笑)

読む前に色々調べてたらそっちのほうが楽しくなってしまいました。今回参考にしたのはこの書評です→『「多情仏心」を評す』(水上滝太郎

http://books.salterrae.net/amizako/html2/minakamitajyoubusshin.txt

里見弴という明治生まれの小説家がいます。「まごころ哲学」を主題とした小説家です。

 

続きを読む

【シブトク つよく】SMAPとのこれまで、これから

とうとうこの日が来てしまいました。SMAP解散の日。

 

1月に解散報道が出て、そんなことはずないと思ってたけど、どうやら本当のことらしいと分かって、であの恐ろしい謝罪会見をジャニーズ事務所に見せつけられて、応援したい気持ちと目を逸らしたい気持ちというアンビバレントな気持ちがずっと続いていました。

 

SMAPが続いてくれて、一先ず安心と思ったのも束の間、8月になって「年内解散」の発表。一言で言うと、悲しかった。

 

それ以来、無意識にSMAPから自分を遠ざけていました。ラジオも聴かなくなり、スマスマも録画はすれども観ることはなく、たまに番組を観るとすれば図書館と窓くらい。

 

そして、12月26日を迎えました。スマスマの最終回です。正直言うと、あの放送も観たくなかったです。最後の「世界に一つだけの花」を歌った後の5人の様子を見て、やはり解散というのは5人にとっても不本意な結果なのだと悟ったし、何も語らないからこそ、暗にそれを示していたのだなとも思いました。

あんな中居くんの涙を観たくなかったです。

 

明日から、SMAPがいない毎日が始まります。

もちろん、5人が死ぬわけではないので、そんなに悲観はしていないですが…笑

5人がまたバラエティやドラマ、ラジオや舞台、映画、そしてもっと別のフィールドで活躍してくれると願っているし、実際もそうだと思います。

 

SMAPにはたくさんのものをもらいました。だから、これからもSMAPにそれを返せるように、僕含めて多くのSMAPファンは、これからもずっと5人(6人)を見守っていくことでしょう。

「楽しいだけでいれない時」も含めて、「たったの50年一緒に」って誓い合った仲です。*1大丈夫です。

 

 

「シブトクつよく 明るくいきましょう」*2

 

この精神で、明日から生きていきたいです。

 

 

追記

サムガ聴きました…涙

中居さん大好きです。

 

慎吾ー!剛ー!吾郎ー!木村ー!SMAPー!じゃねー!ばいばーい!

 

 

*1:2006年のアルバム曲「STAY」

*2:1996年のシングル曲「はだかの王様~シブトク つよく~」

障害に関するいくつかの覚え書き-「出生前診断」と「殺人未遂事件のニュース」

考えがまとまらないので、少しメモを残します。

障害について(の様々な意見について)日頃違和感を抱いていることを書きます。

 

続きを読む

「SMAP 25 YEARS」に収録されていない、好きなSMAPの曲リスト25

僕はSMAPが好きです。母が元々SMAPファンだったので、文字通り生まれたときからSMAPの歌を聴いて、SMAPをテレビで観て僕は育ちました。

先週「SMAP 25 YEARS」(以下25)というベストアルバムが発売されました。これはファン投票で50曲の内容が決まったものです。これはとても良いアルバムです。

smap25years.com

 

 

しかし!SMAPにはもっと名曲があるんだぞ!ってことで、

しんしんが選ぶ、25に収録されていないけど、好きな曲25をこの記事では紹介したいと思います。

 

最初に言っておきますが、ファンじゃないと分からない曲が多数です。

でも、これを機にTSUTAYAでCDを借りたり、YouTubeで動画を観たりして、SMAPのことを少しでも知って好きになってもらえたら嬉しいです。

続きを読む

『チャンス』から読む太宰治の恋愛論

最近太宰の記事ばかり書いてますね。

今日は『チャンス』という短編です。図書カード:チャンス

チャンス、特に恋愛におけるチャンスについてのエッセイです。

ロマンティック・ラブなんて言葉もありますが、太宰はそういう恋愛を高尚なもののように考える風潮に対して、強烈な皮肉をもって持論を展開しています。曰く、恋愛はチャンスではなく意志による(べき)もの、恥ずかしいものだと。

 

続きを読む

太宰治『老ハイデルベルヒ』について

僕の好きな小説に、『老ハイデルベルヒ』というのがあります。

青空文庫で読めます。図書カード:老ハイデルベルヒ

 太宰の好きな所を少し書いてみようかなと思います。

続きを読む