読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

思いの動態保存

「動態保存って言葉知ってる?」

「いや、知らない」

「機械とかをね、動かせる状態で保存することを動態保存って言うんだって」

「ググってみるわ…ふむ…遺産あるいはマニアのために電車を走れる状態にしておくことが例として載ってるね」

「僕ね、これ人間にもあると思うんだ」

「というと?」

「運動していないと『鈍る』って表現したり、頭が柔軟な状態を『冴える』って表現したりするでしょ? そういうこと」

「確かに、身体や頭を動態保存するのは大事かもね。筋肉痛になるのは、動態保存できてないと言える」

 

「うん、でもね、思うんだけど、人間の思い、それも良い思いってかなりの割合で動態保存されるんだ」

「思いか」

「子どもの頃何か熱中したものはある?」

「友達とやったドッジボールとか、ゲームとか、カードゲームとか色々あるね」

「それって今思い出しても楽しくない?」

「確かに楽しいね」

「そう、楽しいの。具体的にどういう場面で何が楽しいかは思い出せないかもしれないけど、『楽しさ』は動態保存されると思うんだ」

「今思ったけど、『好き』って気持ちも動態保存されてるのかも。以前好きだった女の子、今でも好きだなって思うもん」

「それはやばいでしょ。まあ、分かるけど…」

「ほらほら」

「思い出の美化ってこういうことかもね。以前付き合ってた人とは楽しいこともあれば、喧嘩したこともあるけど、今では『いい思い出』って思えるのは、好意が優先的に動態保存されてるからかも。一概には言えないけど」

「好意が優先的にねぇ…というよりかは、好意でも嫌悪でも、思いの絶対値が強いと動態保存されやすいのかなと思った」

「嫌いな奴は嫌いだし、好きな奴は好き、みたいな?」

「そんなところかな。トラウマっていうのも、嫌悪の動態保存って言える」

「フラッシュバックがまさにそうだね」

「僕はなるべくたくさんの好意を動態保存したいな。大切な人たちへの気持ちをいつまでも保存しておきたい」

「保存というか、現に目の前にあるもの、いる人たちを大切にしような」

「『今ここから』ってことだね」

「そろそろ寝よう」

「おやすみ」

楽しさ

楽しさをフローという概念で表したのがチクセントミハイです。

 

オートテリック(自己目的的)な活動とは、それをすること自体がその活動の動機になる活動。楽しいからそれをする。

 

それをすることが目的。

外発的動機付けではない、ということ。

 

例えば、遊びは自己目的的活動で、仕事は外発的動機付けの活動と思ったけど、そうでもなさそうだし、実際にそうでもないって研究成果があるらしい(チクセントミハイ他 2003)。

 

 

心理学に明るくないから分からないけど、フローって今現在どういう研究がされているのかな。

感覚の社会学とどう繋げられるか考えていきたいです。

 

 

チクセントミハイ他,2003「フロー理論のこれまで」,今村浩明他,『フロー理論の展開』,世界思想社

蒸しタオル、神!

蒸しタオルは神ですよ!

あっという間に目の疲れが取れます!

 

やり方は簡単

1.タオルを濡らして絞る

2.レンジで、600Wで40秒チンする

3.熱くないか確認してから目に乗せる

 

これで今日からQOL爆上がりです。

うひょぉぉぉぉぉきもちいいいいいいい(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ

 

目の血行が良くなるから疲れが取れるらしいです!

ちなみに、数分でぬるくなるので、また温め直しましょう!!

内向的、あまりに内向的

人の性格を表す時に、たびたび内向的or外向的って言葉が使われます。

(今回の記事にニ〇チェは関係ありません。あしからず。)

 

 

僕はどちらかと言うと、内向的なのかしらと思います。

放っておくとどんどん人間関係を閉じてしまうんです。

今仲良い人と仲良くすればいいって考え方です。

もう充分友達はいるのだから、新しい関わりを増やす気にならないというか、めんどくさいな〜と思ってしまいます。

 

ただ、そのことに危機感を抱いているのも事実で、内へ内へと志向していると、どんどん視野が狭くなるし、生きている世界が閉じていく感覚にも陥っています。

じゃあ、行動に移せばいいって話なんですけれども、なかなかそうもいかず。

内へ内へという志向は、人間関係に限らず、例えば読書のジャンルとか、好きな音楽のジャンルとか、外食の時に選ぶお店などにも当てはまるんです。

読書のジャンルは、このブログを読んでいただければ分かりますが、僕は特定の作家を集中的に読む癖があって、なかなか他の人に目が向きません。

音楽も然り。

 

それでもいいんだけど、まだ見ぬ世界があるから、ちょっとだけ外に出てみたい。

外に出た方がいいかもしれない(物理的に笑)。

そうして、徐々に自分の世界を拡大したいです。

 

「感化」されるということ ‐ 移り、染まり合う「感じ」

「感化」って何でしょう。

「感化される」という受け身で使われることが多いように思います。

「感化する」なんて言い方あるのかしら。

 

それはさておき、語源は知らないけれども、僕が興味を持ったのは「感」という字が使われている点です。感覚、感情の「感」です。

 

感情や感覚の社会学を学んでいる身としては、この「感化」という面白い言葉を何とか捉え直してみたいところです。

 

続きを読む

意思疎通と配慮

僕達が誰かと会話するとき、会話とまではいかなくても差し当たりその人と一緒にいるとき、失礼のないように振舞おうとするでしょう。

 

いや、僕はそうじゃないねって人は意見を聞かせてください。

 

とりあえず、それが一回限りの接触である場合、それは自分にとってあまり意味を持つことはないでしょう。

コンビニの店員の愛想が悪くても、僕達はさほど気にすることは無いし、いちいち腹を立てる方がおかしいと僕達は感じるでしょう。

 

しかし、それが一回限りではなく、持続する関係だとどうでしょう。

友達、恋人、部活・サークルの仲間などなど。

そのような関係においては、相手と自分の振る舞い形、意思疎通の仕方が重大な意味を持ちます。

 

続きを読む

違和感の社会的構成

僕達が、普段何気なく、特に意識することなく日常生活を送っているとき、それを秩序が保たれていると表現しましょう。

 

では、僕達が、他人の行為あるいは自分自身の行為に対して、場違いであるとか、違和感を抱くとき、それは秩序が壊されていると言えるでしょう。

 

その違和感はなぜ生じるのでしょうか。

すなわち、その秩序はどう保たれていて、どんな時に壊れるんでしょう。

 

続きを読む