しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

音楽社会学の話

ぼくは音楽社会学の研究もしています。正確に言うと、音楽研究の研究です。文献レビューです。レビュー論文を書きたいです。 一つのディシプリンとして確立しているのかも微妙な音楽社会学の特徴や領域の広がり・視点などを示したい、というのが目標です。 ↓…

そろばん教育の先行研究リスト

前回の記事からの派生です。 そろばん教育に関する先行研究を”ざっくり”整理したので、文献表を貼り付けておきます。 ①雑誌『珠算春秋』に関してはいったん無視すること、②「知的/発達障害児とそろばん」というテーマを除外すること、③珠算熟練者の脳機能に…

学習・教育

秋葉昌樹,2004,『教育の臨床エスノメソドロジー研究-保育室の構造・機能・意味』東洋館出版社 石黒広昭,2016,『子供たちは教室で何を学ぶのか:教育実践論から学習実践論へ』東京大学出版会 岩瀬令以子,2010,『塾のエスノグラフィー―中学受験向けの日常過程…

社会的世界を作るそろばん

修論に向けて、社会現象としてのそろばんと、卓越したスキルとしてのそろばんをめぐる様々な実践という二つの観点から、そろばんの研究を進めたい。 そろばんはなぜこの時代になっても存在しているのか。おそらく、普段そろばんを単なる計算道具として用いる…

モノ

メモ Anderson, B. & Harrison, P (eds.). 2010. Taking-Place: Non-Representational Theories and Geography. Ashgate. Appadurai, A. (ed.). 1986. The Social Life of Things: Commodities in Cultural Perspective. Cambridge University Press. Grusin…

様々な断片ーライフ、写真、パフォーマンス、感覚

生き方という主題-「生/ライフ」(小倉2015) 丸ごとの個人の主観的意味の探求。現代社会における「生きづらさ」の偏在という背景。 ライフストーリー、アクティブインタビュー、対話的構築主義。 身体経験としての「生命」、日常の活動経験としての「生活」…

大学院入院の心構え‐4つの記事から考える

以下では4つの記事の目次を転記します。3つ目の記事に関しては、目次がないので、大事な部分をそのまま引用します。いずれも大学院生に向けられたアドバイスあるいは忠告です。気になった記事は実際に読むことをおすすめします。 その次に4月からM1になった…

論文の書き方、あるいは導きの地図

私自身の備忘のために残すので、詳述はしません。 1.テーマを決める(どんな分野) 2.複数のトピックを見つける/調べる(どんな研究対象) 3.複数の問いを立ててみる(どんな問題がありうる) 4.中心となる問いを一つ選ぶ(結局自分は何が知りたいのか) 5.テーマ、…

人文・社会科学における感覚研究の基本的な文献 - Bibliography of sensory studies in humanities and social sciences.

このリストは全く網羅的ではないです。これからどんどん追加します。This list is far from comprehensive nor exhaustive. So I'm going to add more references to this list steadily.(2018/4/11) 「古典」classics or general remarks Abram, D. 1996.…

算盤を駆ける手

そろばんの研究をしたいです。 僕はそろばん歴がもうすぐ13年になります。教歴は4年ほどです。今は教室からは離れていますが。 そろばんの研究は数が少ないです。全国珠算教育連盟が『珠算春秋』という雑誌を発行していますが、管見の限り、短い論考やレポー…

水泳

このブログの初期の記事であるこれ↓↓↓ http://sample-bang.hatenablog.com/entry/2016/08/28/214936 ここで書いたことを2本の論文にしました。そのうちひとつは僕の卒論です。 「市民プールの相互行為秩序」と「水泳の現象学」というテーマです。 読みたい方…

役所を回って思ったこと2

前回の記事の続きです。 sample-bang.hatenablog.com 東京、埼玉、千葉、神奈川の半分以上の自治体を行脚しました。 実に様々なことがありました。 雨の勝浦市で死にそうになったり、先ごろの雪の多摩市で死にそうになったり・・・ 特に思い出深かったのは千…

耳が孕む

読書や映画よりも、音楽は繰り返し聴くことでハマっていくという特徴がありそうです。 もちろん好きな本は何度も繰り返し読むし、好きな映画・アニメを繰り返し視聴することもあります。 しかし、本や映画などには「まだ出会ったことのない作品を楽しむ」と…

ぶらんこ

こんばんは。こんなしがないブログに訪れてくれてありがとうございます。 久しぶりにお酒を飲んだ状態でブログを書いています。たまにはこういうのもいいですね(何が) この度無事に大学卒業ができそうで、大学院進学を控えて決意新たに頑張ろうというしんし…

フルマラソンに出たい

あけましておめでとうございあす(今更) フルマラソンに出たいです!(突然) ちゃんとしたランニングシューズを買わないといけません。 最近は毎日走ってます。短距離ですけど。 3キロ11分フラット、5キロ20分前半程度の走力なので、まずは10キロ以上走って…

フィルター

日々自分の身の回りに生起する雑多な出来事群、生まれは消える人間関係の総体から、いかに自分にとって大事なものに焦点を当てて取り出すことができるか。これは一つの技術なのだと思う。 これができないと、色々なものに追われて余裕がなくなってしまうだろ…

歩行に関するメモ

その進路を歩けるかどうかってアフォーダンスの観点から歩行を研究できそう。というかもうありそう。(2017/11/25追記) ・ショッピングモールに居たんだけど、大勢の人がどうしてぶつからずに歩けるのか、時としてぶつかってしまうのはなぜか、歩く際にどんな…

ロミオとジュリエットの出会うところ

履修している授業でロミオとジュリエットを読んだ際のレジュメを一部加筆修正してブログにします。エコですね(違う)

完全無欠のヒーローに憧れる

完全無欠のヒーローの勧善懲悪ストーリーが好きです。 水戸黄門とか。ドラゴンボールもそうかな。主人公には常に最強でいてほしい。

劇団コギト『蛾H蝶』の感想 - 長い沈黙の意味づけ

劇団コギトの『蛾H蝶』を観劇しました。 www.cogito-hit-u.com 結論から言うと、衝撃的でした。「引き込まれざるを得ない」感覚です。ものすごい体験でした。 内容のネタバレはしたくないので控えます。 以下の記事は、この劇の一番最初の台詞一言に絞って感…

お茶は綾鷹、コーヒーは雪印

僕は新しいものごとを避ける傾向にあります。 食べ物もなるべく毎日同じようなものがいいし、外食をしてもいつも同じメニューを頼みます。 飲み物とか特に。 習慣?固執? ネオフォビアというわけではないと思うんですが。 そんな僕が今日は新しいバイトをし…

件の車椅子利用者の飛行機搭乗の話に寄せて

奄美空港で格安航空会社(LCC)バニラ・エアの便を利用した半身不随で車いすを利用していた方(バリアフリー研究所代表、木島英登さん)が階段式のタラップを腕の力で自力で上がったこと。 車いす客に自力でタラップ上がらせる バニラ・エア謝罪(朝日新聞…

エロマンガ先生面白い!サイコー!

久しぶりにニチアサ以外のアニメを観た!!!!!! 面白い!!!!!!(ボキャ貧) Amazon primeで一気に観ちゃった… 12話はニコニコで観た 主題歌好き!!!!!!OP好き!!!!!!「ヒトリゴト/ClariS」 速攻でiTunesで買った…… ずっと聴いている………… 良…

コモンズの中の「私的な」ブログ

ブログを書くとはどのような営みなのだろうか。 なぜ人はブログを書くのだろう。 ブログを始める動機の語りと、ブログを長期間続けている動機の語りは恐らく違うだろう。 自己表現、情報発信、日記、アフィ云々。色々あるだろうし、それらを分類もできるかも…

小田原へ小旅行の巻

先日所用で小田原へ行きました。 小田原市役所の前に噴水広場があって、結構涼しいなと思いました。市役所の中にはジャンボ木鉢なるものが置いてありました。 小田原といえば小田原城、というのは安直すぎたかもしれませんが行きました。天守閣に入るには500…

【備忘録】視覚によらずに空間を編成するということ-Måseide, P. & Grøttland, H. (2015)

面白い論文を読みました。まだ充分理解できてないですが、メモを。 Måseide, P. & Grøttland, H. (2015). Enacting Blind Spaces and Spatialities: A Sociological Study of Blindness Related to Space, Environment and Interaction.Symbolic Interaction…

世界という概念

僕が勉強している分野、主に社会学や人類学において、「世界」という言葉がよく使われます。 「社会的世界」とか、あるいは単に「世界」とか。 でも、最近具体的に世界が何を指すのかよく分からなくなってきました。 自分のパースペクティブを通して見える物…

涙を流すと、気持ちがすっきりする、気がする。

隙間とかたまり

隙間時間を有効活用しようって考えはよく見られますね。 電車に乗る少しの時間に読書する。受験生であれば英単語帳を読むとか。 一日10分でも、一ヶ月で5時間分になる!という風に。 この考えも有用だけど、やっぱり勉強するには時間のかたまりが必要だと思…

自己愛の沼

自己愛は沼です。 自分の利益になることを追求することは自己愛という動機に基づいていると言えます。 利他的に見える行為も利己的だということです。 どんな人間も自己愛の沼から抜け出すことはできません。 「情けは人の為ならず」 他人に親切にすることは…