しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

小田原へ小旅行の巻

先日所用で小田原へ行きました。 小田原市役所の前に噴水広場があって、結構涼しいなと思いました。市役所の中にはジャンボ木鉢なるものが置いてありました。 小田原といえば小田原城、というのは安直すぎたかもしれませんが行きました。天守閣に入るには500…

【備忘録】視覚によらずに空間を編成するということ-Måseide, P. & Grøttland, H. (2015)

面白い論文を読みました。まだ充分理解できてないですが、メモを。 Måseide, P. & Grøttland, H. (2015). Enacting Blind Spaces and Spatialities: A Sociological Study of Blindness Related to Space, Environment and Interaction.Symbolic Interaction…

世界という概念

僕が勉強している分野、主に社会学や人類学において、「世界」という言葉がよく使われます。 「社会的世界」とか、あるいは単に「世界」とか。 でも、最近具体的に世界が何を指すのかよく分からなくなってきました。 自分のパースペクティブを通して見える物…

涙を流すと、気持ちがすっきりする、気がする。

隙間とかたまり

隙間時間を有効活用しようって考えはよく見られますね。 電車に乗る少しの時間に読書する。受験生であれば英単語帳を読むとか。 一日10分でも、一ヶ月で5時間分になる!という風に。 この考えも有用だけど、やっぱり勉強するには時間のかたまりが必要だと思…

自己愛の沼

自己愛は沼です。 自分の利益になることを追求することは自己愛という動機に基づいていると言えます。 利他的に見える行為も利己的だということです。 どんな人間も自己愛の沼から抜け出すことはできません。 「情けは人の為ならず」 他人に親切にすることは…

ブログを始めて7ヵ月経った話

ブログを始めて7ヵ月が経ちました。 知り合いに感化されたのがきっかけ。ゆるゆる続けてきました。 最初は月1で更新しようって思ってたけど、年末年始は書きたいことがかなり多くて時間を忘れて書き殴った覚えがあります。その反動で2,3月はほとんど書いてい…

役所を回って思ったこと

最近東京周辺の市区町村の役所を回って行政資料を閲覧しているのですが、とても面白いです。 何が。 役所毎の個性を感じられるところが。 個性、それは役所の建物の形であったり、職員の方の態度であったり、更には行政資料のレイアウトまで実は役所によって…

思いの動態保存

「動態保存って言葉知ってる?」 「いや、知らない」 「機械とかをね、動かせる状態で保存することを動態保存って言うんだって」 「ググってみるわ…ふむ…遺産あるいはマニアのために電車を走れる状態にしておくことが例として載ってるね」 「僕ね、これ人間…

楽しさ

楽しさをフローという概念で表したのがチクセントミハイです。 オートテリック(自己目的的)な活動とは、それをすること自体がその活動の動機になる活動。楽しいからそれをする。 それをすることが目的。 外発的動機付けではない、ということ。 例えば、遊び…

蒸しタオル、神!

蒸しタオルは神ですよ! あっという間に目の疲れが取れます! やり方は簡単 1.タオルを濡らして絞る 2.レンジで、600Wで40秒チンする 3.熱くないか確認してから目に乗せる これで今日からQOL爆上がりです。 うひょぉぉぉぉぉきもちいいいいいいい(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェ…

内向的、あまりに内向的

人の性格を表す時に、たびたび内向的or外向的って言葉が使われます。 (今回の記事にニ〇チェは関係ありません。あしからず。) 僕はどちらかと言うと、内向的なのかしらと思います。 放っておくとどんどん人間関係を閉じてしまうんです。 今仲良い人と仲良く…

「感化」されるということ ‐ 移り、染まり合う「感じ」

「感化」って何でしょう。 「感化される」という受け身で使われることが多いように思います。 「感化する」なんて言い方あるのかしら。 それはさておき、語源は知らないけれども、僕が興味を持ったのは「感」という字が使われている点です。感覚、感情の「感…

意思疎通と配慮

僕達が誰かと会話するとき、会話とまではいかなくても差し当たりその人と一緒にいるとき、失礼のないように振舞おうとするでしょう。 いや、僕はそうじゃないねって人は意見を聞かせてください。 とりあえず、それが一回限りの接触である場合、それは自分に…

違和感の社会的構成

僕達が、普段何気なく、特に意識することなく日常生活を送っているとき、それを秩序が保たれていると表現しましょう。 では、僕達が、他人の行為あるいは自分自身の行為に対して、場違いであるとか、違和感を抱くとき、それは秩序が壊されていると言えるでし…

後回しのすすめ

後回しにするといいことがある、ことがあると思います。 電車で一本見逃して、次の電車に乗ったら、あとから来た方がより空いているかもしれません。 夜更かしして勉強しようと思った時、思い切って寝てしまって朝に勉強したほうが捗るかもしれません。 急い…

SMAPの「La Festa」ってアルバムの話

SMAPには唯一5人のソロ曲のみを収録したアルバムがあるんです。 それがLa Festaです。

酉年なので、太宰治『火の鳥』

火の鳥です。酉年だけに。 図書カード:火の鳥 この作品は未完の作品として知られていますよね。 以前の記事と合わせて、もう1度太宰の描く恋愛に触れてみたいと思います。 sample-bang.hatenablog.com

白紙のルーズリーフが便利

白紙のルーズリーフが便利なんです。 罫線のあるルーズリーフが主流だと思うんですが、1度白紙のルーズリーフを使ってしまうともう戻れないです。

【SMAP】日曜日の朝に聴きたい曲の話

日曜日の朝に聴きたいSMAPの曲でプレイリストを作りました。 今日は火曜日とかそんなのは問題ではありません。 1.Over Flow 2.退屈な日曜日 3.sunrise, sunshine 4.STOP! 5.ジャラジャラJAPAN~for the japanese〜 6.You're My Love 7.Pease! 8.Trust 9.Ever…

まごころ哲学-エゴと仏心の交差点-

里見弴『多情仏心』の読前感です。 読前感です。読んでません(笑) 読む前に色々調べてたらそっちのほうが楽しくなってしまいました。今回参考にしたのはこの書評です→『「多情仏心」を評す』(水上滝太郎) http://books.salterrae.net/amizako/html2/minaka…

【シブトク つよく】SMAPとのこれまで、これから

とうとうこの日が来てしまいました。SMAP解散の日。 1月に解散報道が出て、そんなことはずないと思ってたけど、どうやら本当のことらしいと分かって、であの恐ろしい謝罪会見をジャニーズ事務所に見せつけられて、応援したい気持ちと目を逸らしたい気持ちと…

障害に関するいくつかの覚え書き-「出生前診断」と「殺人未遂事件のニュース」

考えがまとまらないので、少しメモを残します。 障害について(の様々な意見について)日頃違和感を抱いていることを書きます。

「SMAP 25 YEARS」に収録されていない、好きなSMAPの曲リスト25

僕はSMAPが好きです。母が元々SMAPファンだったので、文字通り生まれたときからSMAPの歌を聴いて、SMAPをテレビで観て僕は育ちました。 先週「SMAP 25 YEARS」(以下25)というベストアルバムが発売されました。これはファン投票で50曲の内容が決まったもの…

『チャンス』から読む太宰治の恋愛論

最近太宰の記事ばかり書いてますね。 今日は『チャンス』という短編です。図書カード:チャンス チャンス、特に恋愛におけるチャンスについてのエッセイです。 ロマンティック・ラブなんて言葉もありますが、太宰はそういう恋愛を高尚なもののように考える風…

太宰治『老ハイデルベルヒ』について

僕の好きな小説に、『老ハイデルベルヒ』というのがあります。 青空文庫で読めます。図書カード:老ハイデルベルヒ 太宰の好きな所を少し書いてみようかなと思います。

【SMAP】『X'smap〜虎とライオンと五人の男〜』【クリスマス】

もうクリスマスですね。 さて、今回は2004年のクリスマスにテレビ放送され、翌年DVDが発売された『X'smap〜虎とライオンと五人の男〜』を紹介します。 ちなみにタイトルはクリスマップと読みます。

【7年目の浮気】iPhone4からiPhone7に変えた話

ついさっき、6年間使ってきたiPhone4からiPhone7に機種変更して来ました…! 4S,5,5S,6,SE,6Sの6代一気に飛ばして7です!浦島太郎!僕は浦島だったんだー! 思うに、iPhone4って今の高校生や大学生だと使っていた人は少ないんじゃないでしょうか。 僕がi…

【スパイ小説】海野十三『人造人間殺害事件』の読後感

海野十三の小説を取り上げるのは二回目ですね。 一度目はこれ↓ sample-bang.hatenablog.com 今回紹介するのは『人造人間殺害事件』という短編小説。1931年の作品です。青空文庫で読めます。 図書カード:人造人間殺害事件

【抜粋ノート】 夏目漱石『三四郎』

プーチン大統領が日本に来たのでなんか書こうと思ったけど、あまり政治的な話題は書きたくないので、代わりに抜粋ノートを書きます。 夏目漱石の『三四郎』です。青空文庫で読めます。図書カード:三四郎

【そんな感想で大丈夫か?】『ラブ・アクチュアリー』、良さしかない【クリスマス映画】

クリスマス映画と言えばこれみたいなところありますよねこれ。 僕はもう何回観たか覚えてないくらい観ている(この記事を書いている今も観ている)。 www.uphe.com

相互行為としてのぼっち飯

一人でご飯を食べることは「ぼっち飯」と呼ばれ、ネガティブな印象を持たれがちです。 この記事では、ぼっち飯を、無限の行為連関の一終局と位置づけて考えてみたいと思います。

生きること=死んでいないこと? 

前回の記事の最後で書き散らかしたことを少しだけ整理します。 sample-bang.hatenablog.com

「生と死」「社会と障害」-『ボディ・サイレント』を読んで思うこと

『ボディ・サイレント 病いと障害の人類学』(ロバート・F・マーティー著,辻信一訳,1987=1992,新宿書房)という本を先日読みました。神保町を歩いていてたまたま目に入ったので買って読んでみたという感じです。 この本を読んでいる時に色々頭に浮かんだ…

Do Justice with Smile! - Osamu Dazai and his work "Justice and Smile"

What do you think about this title 'do jusitice with Smile'? This is a phrase in a novel "Justice and Smile" written by Osamu Dazai, Japanese famous writer. So, in this article, I will introduce Dazai, his novel "Justice and smile", and my…

【人間性って何】海野十三『十八時の音楽浴』を読んで

『十八時の音楽浴』っていうSF小説を知ってますか? 僕がこの小説を知ったのは、一昨年レポートの参考文献を探しているときに偶然ヒットしたのがきっかけでした。 ちなみに青空文庫で読めます(図書カード:十八時の音楽浴)。 今日はこの小説を読んだ感想を…

泳ぐとお腹がすいて眠くなる(真理)

大発見をしてしまいました…! 人間って、〈泳ぐとお腹がすくし、夜眠くなる〉んです…!

スーパーボールのような人

スーパーボールのような人 どんな人か考えてみてくださいな。

そろばんの話

今日はそろばんについて書きます。 僕が初めてそろばんを習ってから10年以上経ちます。 その10年間を振り返る日記です。

市民プールで泳いだよ-「水泳する身体」と「追い抜き配慮実践」に関する私論(試論)

日頃行かないプールに初めて行ったのですが、そこでずっとaikoの曲が流れててすごいなと思いました(小並感) それに泳いでる時には音楽聞こえないし(笑) でもまあ、kisshug聴いて花より男子を思い出して懐かしくなったり、カラオケ行きたくなったりしました。

自分を表す

これからブログを始めるにあたって、軽く自己紹介をしておこうかなと思います。 まずは、自己紹介 名前:しんしん 属性:大学生 専攻:音楽・社会学 好きなアーティストなど:SMAP 松浦亜弥 東京事変 好きなアニメ:プリキュア(ハートキャッチが一番です!)…

タヒチ・経済学・悪魔

いろんなテーマがごっちゃになっているのを、楽しく読んでいただけたら幸いです。 どっちを選ぶ? 「今いる恋人または好きな人と結ばれることを選ぶ。もしくは、この世界のどこか、例えばタヒチに住んでいて、自分のタイプとか希望に完璧に合致する運命の人…

はじめに

こんにちは。しんしんと申します。 ブログを始めたわけ 1.周囲のブログをやってる人が楽しそうだから。 2.日記みたいなのを残そうと思ったから。 はい。何とも薄っぺらい理由ですけれども、興味がわいたのでブログを開設してみたってところです。