しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

考えたこと

フィルター

日々自分の身の回りに生起する雑多な出来事群、生まれは消える人間関係の総体から、いかに自分にとって大事なものに焦点を当てて取り出すことができるか。これは一つの技術なのだと思う。 これができないと、色々なものに追われて余裕がなくなってしまうだろ…

コモンズの中の「私的な」ブログ

ブログを書くとはどのような営みなのだろうか。 なぜ人はブログを書くのだろう。 ブログを始める動機の語りと、ブログを長期間続けている動機の語りは恐らく違うだろう。 自己表現、情報発信、日記、アフィ云々。色々あるだろうし、それらを分類もできるかも…

障害に関するいくつかの覚え書き-「出生前診断」と「殺人未遂事件のニュース」

考えがまとまらないので、少しメモを残します。 障害について(の様々な意見について)日頃違和感を抱いていることを書きます。

相互行為としてのぼっち飯

一人でご飯を食べることは「ぼっち飯」と呼ばれ、ネガティブな印象を持たれがちです。 この記事では、ぼっち飯を、無限の行為連関の一終局と位置づけて考えてみたいと思います。

生きること=死んでいないこと? 

前回の記事の最後で書き散らかしたことを少しだけ整理します。 sample-bang.hatenablog.com

「生と死」「社会と障害」-『ボディ・サイレント』を読んで思うこと

『ボディ・サイレント 病いと障害の人類学』(ロバート・F・マーティー著,辻信一訳,1987=1992,新宿書房)という本を先日読みました。神保町を歩いていてたまたま目に入ったので買って読んでみたという感じです。 この本を読んでいる時に色々頭に浮かんだ…

【人間性って何】海野十三『十八時の音楽浴』を読んで

『十八時の音楽浴』っていうSF小説を知ってますか? 僕がこの小説を知ったのは、一昨年レポートの参考文献を探しているときに偶然ヒットしたのがきっかけでした。 ちなみに青空文庫で読めます(図書カード:十八時の音楽浴)。 今日はこの小説を読んだ感想を…