しんしんの雑記帳

みんなのハートをキャッチだよ!

件の車椅子利用者の飛行機搭乗の話に寄せて

奄美空港で格安航空会社(LCC)バニラ・エアの便を利用した半身不随で車いすを利用していた方(バリアフリー研究所代表、木島英登さん)が階段式のタラップを腕の力で自力で上がったこと。

車いす客に自力でタラップ上がらせる バニラ・エア謝罪(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000010-asahi-soci @YahooNewsTopics

 

 

この件に関してあまりに的外れで、差別的な発言が多く感じます。ネット上で。

 

・事前の連絡をすれば対応は可能だった

・制止を振り切って木島さんがタラップを上がった

・木島さんは以前にもこうした行為をしていた

 

この三つを以て木島さんを、政治的なパフォーマンスを行なうクレーマーだと決めつけ非難する意見が少なからずあります。 

 

確かに政治的なパフォーマンスであるというのはそうだろうし、そのために故意に制止を振り切ったのでしょう。

 

考えるべきことはなぜそうする必要があるかということです。

 

木島さんが事前の連絡すればよかったのだから、その連絡を(故意に)怠った木島さんが悪いという意見もあるでしょう。

格安航空なのだから我慢しろとか、一般の健常者も利用するのだから、障害者だけに特別な配慮をするのはおかしいとか。

 

僕はそうした意見に異議を申し立てたいです。無自覚の差別意識は無くさねばなりません。

 

公共交通機関であるバスは、白人専用なのだから、黒人が乗る時は後ろから詰めなければならないし、白人が多い時は黒人は降りなければならないというルールがあったらどうですか?

これは明白な人種差別ですよね。

 

今回はそれと同様の構造だということを指摘したいです。

何故後ろに詰めなければならないのでしょう?何故事前予約を迫られるのでしょう?

事前予約の段階でスクリーニングする可能性も大いにあるわけですよね。

 

今回の騒動が政治的なパフォーマンスだというのはそうでしょう。

だからと言って、木島さんが、延いては車椅子利用者の方が、健常者に配慮しなければならないというのは、ちゃんちゃらおかしいでしょう。

 

事前予約した方が合理的との指摘もありますが、誰にとって何が「合理的」だと言うのでしょうか。

合理性というゲームに乗せてもいい問題なのか。

 

あと、空港側の設備が不十分なのは問題外の外ですね。